免許の申請をしてきました

愛知県教育委員会に免許の申請をしに行きました。

市役所の教育委員会と、県庁の教育委員会と2つあるので、どちらかわからず、市役所の案内担当に聞いてみたら、県庁を案内されました。

 

教員免許の必要書類の中に、大学の卒業証明書がありましたが、学位が書いていないので、学位を取得した証明ももらってくださいと言われました。そんなこと、どこにも書いていなかったし、電話で聞いたときも案内されなかったし、今更どうしよう!と思いましたが、免許の手続き自体は4月20日発行ということで、4月1日から効力のあるものを発行してくださるそうです。

 

勤務先の教頭に言われていた、授与証明書ですが、3月31日に発行することはできないと言われました。手続きが立て込んでいて、無理だそうです。しかし、免許の申請手続きをしたときにもらった、受付票という短冊が、発行した証明になるのでそれでみなさん大丈夫ですよと言っていました。

 

その旨を、教頭先生に伝えたら「それならそれで、大丈夫です」と言われました。

3月31日に、また県庁まで来て、授与証明書が発行されないという事にならずに済んでよかったです。来るだけでも大変ですから・・・汗。

 

コロナ禍ということで、4月1日から採用が決まっている人しか受け付けてもらえないということもあって、わたし以外に1人しか申請手続きをする人はいませんでした。しかも、わたしより8歳くらい年上の女性で、ちょっとほっとしました。

 

佛教大学通信教育課程では54歳から教員デビューしている人もいますが、そういう方から話を聞くと、勇気が湧いてきます。