任期付き任用講師になりました

おひさしぶりです。特別支援学校(知的)の小学部で、任期付き任用講師として採用され、あと1週間強で一学期が終了します。

 

どこに自分の靴箱があるかもわからず、パソコンのどこら辺に必要なデータがあるかもわからず、どこが運動場なのか、どこにトイレがあるかもわからない状態で、突如始まった1学期。しかも始まっていきなり、遠足があり、いつ行方不明になるかもわからない子どもたちばかりだから気を付けてと言われ、なんだかよくわからない不安感と緊張感につぶされそうになりながらがんばり、終わったと思ったら今度は運動会。保護者の手前、子どもにきちんとした態度で待機させ、競技に参加させ、まともに演技をさせなくてはならず、本当に大変で、常にストレスにつぶされそうで、悲しくもないのに涙が流れてきて困って仕方なかった前半。

 

そして、運動会が終わって、やっと緊張から解放されたと思ったら、こんどは生活単元学習で毎日が夏祭りになり、楽しくて仕方なくなりました。同じように4月から働きだした正規雇用の新卒の先生のうち数名がGW明けから急に長期的に休養することとなり、人手不足のためとにかくいつもいじょうに動き回ったりする必要がでてきたり、同じ学年の大変なクラスの各担任がちょこっと休みをとる事態が出てきて、代わりにそのクラスで数日だけ担任を務めることによって、強度な行動障害のある大変な児童の対応にもちょっとづつ慣れてきました。(一日だけでも真正面から関わってみると、相手の児童がよく覚えいて、その後むちゃくちゃ関わってくるようになるのでスキルも上がるはずですよね)

 

あと1週間強で1学期が終わり、でも、成績表を渡すのは2学期が始まってからという謎の習慣があるので? 成績表はいま書いています。(普通校だったらとっくに書き終えていますよね)

 

原因不明の涙はでなくなりましたが、今度は、緊張感と、精神の疲れが原因で、大腸が過敏になっていて、ひどい下痢を繰り返していますが、1学期が終わったらきっと治ることでしょう。